シナジーワールドワイドに入会したら親が大反対……対処する方法はこれ!

人脈が尽きくて誘う人もいなくて困っているあなたへ!(今すぐタップ)

photo-ac.com

シナジーワールドワイドのようなネットワークビジネスについて知識がある人にとっては、取り扱う製品は魅力的で、会社も世界的に有名な企業だということが分かります。
しかし、親はそのことをよく知らないため、シナジーワールドワイドと聞いただけで拒否反応を示し、反対されてしまうケースは珍しくありません。

せっかくシナジーワールドワイドのビジネスに興味を持って親に薦めても、反対意見を覆せなかったという声も聞かれます。
この記事では、親がシナジーワールドワイドなどに反対する理由と、反対意見を解消するための方法についてご紹介します。

シナジーワールドワイド入会を親が反対するのは「ネットワークビジネス」だから?

photo-ac.com

まず、シナジーワールドワイドなどの会員になることについて、親が反対する理由を考えてみましょう。
代表的な理由の一つに、日本国内で流行っていた「過去のネットワークビジネス」に対する不信感があるからです。

シナジーワールドワイドに限らず、ネットワークビジネスの評判は悪いものです。

・ネットワークビジネスって、要するにマルチ商法でしょ?
・ネットワークビジネスなんか詐欺みたいなもんだよね。
・ネットワークビジネスは宗教と同じだよ。

親に限らず、ネットワークビジネスについてよく知らない人にとっては、自分が商品を売らなくても儲けられるというシステム自体が、何となく信用できないと感じられてしまうのかもしれません。
しかし、本当のことを言ってしまえば、シナジーワールドワイド以外の大多数の企業が、シナジーワールドワイドと同じような商売をしています。

赤の他人に商品を売った分だけ利益が出る「歩合」にせよ、友達を紹介したら「ポイント」がもらえる制度にせよ、結局は誰かに何かを紹介して利益を得ているわけです。
違いとしては、その過程において、自分を経由して会員になった人の売上の一部が自分のものになるというだけで、別にそれを強制しているわけではないのです。

シナジーワールドワイドの活動自体がまっとうであることを、自分自身の行動で示す

by photostock/freedigitalphotos.net

ネットワークビジネスの勧誘は、いくら口を酸っぱくして説明しても、言葉だけでは信用してもらえません。
しかも、肉親の評価というのは、ある意味他人以上にシビアです。

そこで、親の気持ちを変えるための方法として、自分自身が変化している姿を見せることが挙げられます。
行動の変化とは、例えば以下のような行為を、ごくごく自然に行うことです。

生活習慣を整える。
家事を手伝い、お金を家に入れる。
親にきちんと「ありがとう」を言う。

これらを意識して、それもシナジーワールドワイドなどの活動を始めてから継続することで、親の評価も変わってきます。
「あれ?シナジーワールドワイド始めてから、あの子変わった?」と思わせたらしめたもの。

活動を続ける中で、自分の変化を意識して見せることで、親の評価も次第に変わってきます。
人の気持ちを変えるには、まずは活動を通して自分が変わっていく状況を見せることが、何よりも大事なのです。

まとめ

by franky242 /freedigitalphotos.net

親というのは、概して子どもの言うことよりも「自分の言うことが正しい」と思いがちです。
しかし、「老いては子に従え」ということわざがあるように、親よりも子どもが正しいケースはいくらでも見つかります。

反対されたことを無理に覆そうとせず、親の意見は意見として聞き入れつつ、ネットワークビジネスで自分が変わった姿を見せれば、最後には必ず信じてくれるはずですよ。

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスで困る事は「声をかける人が居なくなる」「人脈が尽きる」ことではありませんか?

声を掛ける友達や知人のリストが尽きてしまったら、あなたのビジネネスはもう終わりです。

でも、もしその人脈が無限に増えていき、しかも相手のほうから「話を聞かせて欲しい!」 と言ってくる方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?


オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?(タップ)
テキストのコピーはできません。