赤塚とは魅力的なビジネスなのにねずみ講と言われる訳

赤塚とは魅力的なビジネスなのにねずみ講と言われる訳

友達や知り合いにも嫌われアポ取り出来ないと悩んでませんか

赤塚,とは,ねずみ講

「赤塚ビジネス」とは、口コミによって商品を販売していく販売形態を取っているので、広告宣伝費などは全く掛かりません。

店舗販売ではないので小売店や卸業者にマージンを取られることもありません。

商品も購入している人に企業から直接送るので、輸送費も抑えられます。

余分なコストを最小に抑えることができる立派な販売モデルなんです。

日本でも赤塚ビジネスの様に「ネットワークビジネス」を販売形態としている会社は多数存在してる事は、赤塚ビジネスはとても魅力的なビジネスに思えます。

しかし赤塚ビジネスには「ねずみ講」と間違われるネガティブな面もあるのです。

そんな赤塚ビジネスとはどんなビジネスなのか調べてみました。

赤塚ビジネスの魅力とは

赤塚,とは,ねずみ講

赤塚ビジネスの会社であつかわれている商品は、一般的に店舗で販売されている商品よりも優れています。

店舗販売よりも魅力的な赤塚ビジネスの製品はなぜ出来るのか調べてみました。

一般企業の場合、たとえば商品を企画して製造したら、その商品を売る為に広告を出しますね。テレビCMや雑誌広告などです。

しかし、赤塚ビジネスの会社は広告を出さず、全て販売員の口コミだけで商品を流通させます。だから、広告費はまるまる削減できるわけです。販売員には広告宣伝費として会社から報酬を払います。

このシステムだと、販売員に報酬を支払っても、広告宣伝費よりも係りませんので商品の研究開発や原材料費にまわせます。

こうして、赤塚ビジネスの商品の品質は上がって行きます。

赤塚ビジネスの商品は一般的に販売されている商品よりも

魅力的で品質が高いと言われるのはこの点からも分かりますね。

権利的収入なので収入に期限がない

赤塚,とは,ねずみ講

by Master isolated images/freedigitalphotos.net

普通の商売は自分が売った分の収入にしかなりませんが、赤塚ビジネスならば自分が紹介した、ダウンラインが購入したり販売した分が、広告宣伝費として収入になるのです。

自分の紹介したダウラインが商品を購入している限り収入になるから、期限のない不労所得となります。

その収入が権利的収入となる訳です。

初期投資が少ないから、資本が無くても始めやすい

赤塚,とは,ねずみ講

by Mister GC/freedigitalphotos.net

新しいビジネスを立ち上げるというのはお金がかかるものです。

商品を開発して、流通システムを作り、収入システムを作り上げなければなりません。

時間もお金も沢山必要になりますね。

しかし、赤塚ビジネスは、自分が流通システムの一部となるので、初期投資は少なければ数千円前後、多くても数十万です。

それに、ロイヤリティもありません。

ビジネスを始めたいけど資本が無いという人にはぴったりのビジネスと言えます。

副業として在宅でできる

赤塚,とは,ねずみ講

by nenetus/freedigitalphotos.net

起業をしたいと思っても、独立するのは半端な勇気と覚悟ではできませんよね?

独立したいけど、会社をやめる勇気はない、現在勤めている会社で正社員なら収入は安定しています。

赤塚ビジネスはお勤めしながら、副業としてスタートすることも可能です。

赤塚ビジネスなら在宅で自分のペースで仕事ができます。

本業の仕事を持ちながら副業としてもう一つの収入源を持てます。

そして、ビジネスが波に乗ってきたら会社をやめて本格的に取り組むことも可能です。

子育て中だっつたり介護中だっつたりと外出が難しい人でも、在宅で仕事が出来る素晴らしいビジネスです!

難しい知識をはじめから必要としない

赤塚,とは,ねずみ講

by ddpavumba/freedigitalphotos.net

ビジネスを立ち上げるには通常いくつか専門的な知識を必要とします。

当然、自分で勉強しなければなりませんよね。

赤塚ビジネスではこのような、難しい専門的な知識も必要ありません。

それにもしもわからないことがあっても、自分のアップの人に聞けば教えてくれます。

ビジネスをやりやすい環境が整っています。

これからやろうとしていることを先にやってきている、アップラインが手取り足取り教えてくれるからです。

収入を得ながら時間的自由が手に入る

赤塚,とは,ねずみ講

by hyena reality freedigitalphotos.net

世の中のお金持ちと言われる代表は”医者”・”弁護士”・”大企業の社長”などでしょうか?

この人たちの収入は労働によって得ています。

自分が働かなくてはお金が入ってこないのです。

お金は有るけど時間的自由がない、ということになるわけですね。

しかし、赤塚ビジネスなら自分の紹介した人が、商品を購入している限り、

企業から広告宣伝費としてとして収入をえられます。

自分が何をしていようともらえる収入「不労所得」なんです。

赤塚ビジネスなら収入を得ながら時間的自由も手に入るのです。

赤塚ビジネスはネガティブなイメージなのか?

赤塚ビジネスは、特定商取引についての法律では「連鎖販売取引」にあてはまり、合法的な販売手法なのです。

しかし、世間一般的に「赤塚ビジネス」と聞くだけで

・ねずみ講でしょう

・詐欺でしょう

・ピラミッドの上に居る人達だけ儲けてるんだろ
・違法じゃないの

といったネガティブなイメージを持たれている人は多いかと思います。

ネズミ講と赤塚ビジネスの違いについて

赤塚,とは,ねずみ講

by jscreationzs/freedigitalphotos.net

赤塚ビジネスもネズミ講も、「ピラミッド型に組織が構成され、一番上の人が大儲けして、下の人が損をする」のではないかと、思ってる方が多いのではないでしょうか。

たしかに、類似点は多いんですが、実は全く違うものなのです。

ネズミ講は、完全に犯罪(違法行為)である

赤塚,とは,ねずみ講

photo-ac.com

ネズミ講(正式名称「無限連鎖講」)は、法律によって禁止されています。

ネズミ講に関して法律ができたのが、1978年で「無限連鎖防止法」といいます。

この法律によって、ネズミ講を開設・運営することはもちろん、ネズミ講に加入することや、加入することを勧誘すること、また、これらの行為を助長する事も禁じられています。

「ネズミ講」という違法な仕組みと、赤塚ビジネスは広がっていくカタチがよく似ていますが全く違います。

ネズミ講の仕組みを簡単に説明すると。

  1. ねずみ算的に拡大してゆくシステムになっている
  2. 上の階層の人が、下の階層の人より儲かるシステム
  3. 金品の受け渡しが目的で商品は存在しない
  4. 法律で禁止されている違法行為である

赤塚ビジネスとの大きな違いは、上記の3・4があります。

赤塚ビジネスは、”商品の販売” が目的のビジネスです。

一方、「ネズミ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となってます。

赤塚ビジネスとネズミ講の決定的な違いは、

ネズミ講は違法行為ですが赤塚ビジネス法律的にも合法ビジネスという事です。

これで赤塚ビジネスに安心して取り組めます。

まとめ

赤塚,とは,ねずみ講

photo-ac.com

赤塚ビジネスは低資本で始める事が出来るビジネスで、副業で会社員でも主婦でも参加することも出来ます,商品を紹介したダウンラインが購入している限り、広告宣伝費としての権利収入を得る事ができるとっても魅力的なビジネスですね。

魅力的な赤塚ビジネスを友達や知人に知らせたいと口コミ勧誘すると、合法ビジネスにもかかわらず、違法行為では無いかと疑われたり、詐欺ではないかといったネガティブなイメージを持たれている人は多いかと思います。

ネットワークビジネスでは商品購入をしてくれるダウンラインが増えないと、収入を増やすことが出来ないのですが、

口コミ勧誘をしないでダウンラインを増やして、

行く方法があるといいですね?

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスで困る事は「声をかける人が居なくなる」「人脈が尽きる」ことではありませんか?
声を掛ける友達や知人のリストが尽きてしまったら、あなたのビジネネスはもう終わりです。
でも、もしその人脈が無限に増えていき、しかも相手のほうから「話を聞かせて欲しい!」 と言ってくる方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?



オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?
テキストのコピーはできません。